炭の総合情報サイト-カーボンジャパン
炭の歴史 炭の種類 炭の性質 炭の利用法
万能で活躍する現代の炭の知識。その科学的メカニズムに迫ります。
サイトマップ サイトポリシー 広告掲載について お問い合わせ トップページへ
炭の性質

炭の多孔質
炭の調湿効果
炭の浄化・消臭効果
炭のミネラル効果
炭の遠赤外線効果
遠赤外線効果について
炭のマイナスイオン効果
マイナスイオンとは
炭の電磁遮蔽効果
炭の遠赤外線効果を効果的に利用するには-炭火を使った料理-
 炭の遠赤外線の効果を利用しようと思えば、炭の200℃以上加熱することで効果を得ることができます。すなわち、炭を燃やすことですね。こういった使い方に炭火焼が有名ですが、炭火焼といえば、焼き鳥や焼肉。確かにガス火で加熱したものとは味がかなり違います。なぜこのような効果があるのでしょう。
 まず遠赤外線は温度のあるものはどのようなものでも放出しています。もちろん人体からも放出しています。ところが
「おや?ガス火は温度あるのじゃないか?だったら遠赤外線でてるでしょ?」


そう思われた方、鋭いですね。
もちろんガス火からも遠赤外線が出ています。では、炭火とどう違うのでしょうね。答えは、遠赤外線の放出量が違います。遠赤外線は分子が振動することで放射されるのですが、この分子の振動が大きければ大きいほど、遠赤外線を多くだします。
ところが、ガスは燃えています。ガスは燃えることによって、他の物質に姿を変え、すぐその場から去ってしまいます。これが次から次へと姿を変えるため、一定以上の遠赤外線を放出することができないのです。


ところが、炭の場合はどうでしょう。
そもそも炭の構成要素はほとんど炭素で、炭素はなんと3600℃という高温にも耐えることができる物質で多量に遠赤外線を出すことが可能なのです。炭火の場合、備長炭などは1000℃という高温にも耐えることができ、多量に遠赤外線を出し続けることができるというわけです。


 しかし、遠赤外線で炭火焼がおいしくなる関係ってどういうことなの?
ガス火の場合、加熱される物質は火からの温度で直接加熱されます。火の当たっている所を中心にじわじわと加熱されるため、肉などは肉汁がどんどん出てしまい旨味が外に出てしまいます。そのため、焼きあがったころには残念なことに旨味が出てしまっています。
その点炭火は、多量の遠赤外線が物質の表面に当たり、表面を一度に加熱することができます。このため肉を炭火でやくと、表面を先に焼き上げ表面をコーティングする効果ができ、内部の旨味成分は外に出て行くことができず、焼き上がりはとてもおいしくなります。
この現象は炭火に近づくとわかりますが、炭火からすぐ近くに顔など近づけていると、皮膚が大変熱くなりますよね。それが遠赤外線なのです。
 食べたくなりましたか?炭火焼。
(c)2005 carbon-japan.com All Rights Reserved.